所長ブログ

2013年4月19日 金曜日

新橋・パナソニック汐留ミュージアム・幸之助と伝統工芸③

有楽町で法律事務所をしている弁護士の佐々木です。今回も法律相談とは 関係のないプライベートの出来事について述べていきます。引き続き 「幸之助と伝統工芸」です。



茶道具であれ,なんであれ,松下が収集したのはおもに日本の伝統工芸品です。また,日本の伝統工芸品や芸術は,一般に,精神性が高く,また伝統の技術に裏打ちされたものであると感じるのは私だけではないでしょう。

また松下は戦後日本の復興にも「素直な心」をもってすべきであると考えていたようです。

また松下が日本の文化に大きな影響を与えたことは誰もが知っているところです。

こう考えると松下は,極めて日本固有の文化を代表するものとして「素直な心」や「ものづくりの心」を述べていたように思えます。



しかし,松下の没後(1989年),松下電工は1997年から,社会貢献の一環としてジョルジュ・ルオーの作品の収集を行なっています。これは,松下の精神を具体化するもので,松下の生前の考え方とは矛盾しないことと思われます。



そこには,芸術に対する感性として一貫した精神性や人格を感じ取れるからです。



「幸之助と伝統工芸」展の展示と連続する一部屋としてルオーギャラリーをやってましたので,私もルオーギャラリーを見て来ました。ルオーの絵は素朴で構図や技術が一貫していて印象深いと思いました。



ーおわりー

投稿者 アスター法律事務所 | 記事URL

2013年4月19日 金曜日

新橋・パナソニック汐留ミュージアム・幸之助と伝統工芸②

有楽町で法律事務所をしている弁護士の佐々木です。今回も法律相談と 関係のないプライベートの出来事について述べていきます。引き続き「幸之助と伝統工芸」です。



松下は,茶道に親しむうち,茶器をつくる職人のものづくりの心に惹かれていったようです。




ただ松下が,茶道に親しみ,茶道具を大事にすることと,この茶道具を作った職人のものづくりの心を尊重することは,どちらが原因でどちらが結果かということは着眼として一番の重要性まではないと思います。

時系列的には,茶道に親しむうちに,茶道具を作った職人に興味をもち,そのものづくりの心を尊重するという順番になるはずであることはたしかです。

むしろ,そうではなく,その点はそうだとして,茶道に親しむことで「素直な心」を涵養する人格があり,これと同時に,ものづくりの心を理解する人格が併存したのだと思います。それらは兄弟あるいは,親戚のような関係と思います。



というのは,茶道をして,茶道具を愛でるという感性と,ものづくりの心とはほとんど違いがないように思われるからです。



この茶碗はここがくびれていていい感じとか,このつやが鈍い輝きを放っていて渋くていいとか,いったことは,物を自分で作る際にも,デザイン面でここがこういうカーブだといいからこう作ろうとか,光沢はこういうふうにしようとか,また,機能面でもこういう機能があると気が聞いていていいとか,この方がバッテリーの持ちがいいからいいとかいったように創意工夫することと,全く同じとは言わないまでも,同根のこころだと思うのが自然です。



また,電気機器について,松下は,工芸品や美術品とは違い,使い捨てで10年使って捨てればいいという風潮には批判的であるようであり,電気機器であれ工芸品や美術品と同じ,ものづくりの心をもって作らなければならないと思っていたようです。

お金儲けだけ狙って粗悪なものをたくさん作り,使い捨てるのではなく,ものづくりの心をもってきちんとしたものをつくるべきだという意見にはだれでも大賛成だと思います。



ーつづくー

投稿者 アスター法律事務所 | 記事URL

2013年4月19日 金曜日

新橋・パナソニック汐留ミュージアム・幸之助と伝統工芸①

有楽町で法律事務所を経営している弁護士の佐々木です。今回も法律相談の話ではありませんが,プライベートであった出来事について述べていきます。



先日,伝統工芸に関する展示会に行って来ました。
それは,タイトルは「幸之助と伝統工芸」で,主催は,パナソニック汐留ミュージアム,日本経済新聞社です。
場所はパナソニック東京汐留ビル4階です。



松下電器(パナソニック)の創業者である松下幸之助は,生前,文化を支援していました。
なかでも,茶道に親しみ,茶道を学ぶことで「素直な心」を育てることを主張していました。

「幸之助と伝統工芸」展でも,パナソニック株式会社蔵の優れた茶碗や,茶釜,花生け,また,東京国立近代美術館蔵の友禅などが展示されていました。

松下は,その活動の端々に,国家や国境を超えた,人類全体を考える視点を持っていました。
それはものづくりだけではなく,文化支援活動にも表れていたといえるでしょう。



茶道を通じて「素直な心」を涵養し,この「素直な心」があれば,その一端として戦争にならないし戦争の被害から国を復興できると考えていたようです。「美」を感じる心,審美眼というものは,正義感,公平感や調和を重んじ,平和を重んじる心に通じていると思うのは私だけではなく,多くの人も同じなのではないでしょうか。


ただし,これは理想であり戦略であるということで,現実,実現手段や戦術は,別途のものです。言うは易し行うは難しと思いますが,松下はパナソニックという会社の精神的支柱として,社員だけではなく,社会全体をリードし,日本という国家に計り知れない影響を与え,また世界に影響を与えていったことと思います。



また,松下は,茶道に親しむうち,茶器をつくる職人に興味を持ったようです。



ーつづくー

投稿者 アスター法律事務所 | 記事URL

2013年4月19日 金曜日

新橋の海鮮レストラン

有楽町で法律事務所をしている弁護士の佐々木です。今回も法律相談とは関係のないプライベートの出来事について述べていきます。



先日,家族とパナソニック汐留ミュージアムに「幸之助と伝統工芸」展を見に行った後,新橋の駅に近い****という飲み屋でお酒を飲みながら晩御飯を食べました。



店外からみると一見,魚屋さんに見え,直送の新鮮な魚が買えるようになっているので,飲んだり食べたりできないように見えますが,レストランでもある飲み屋で,新鮮な魚料理が食べられます。

店内は狭くて,特に,窓の前の席なんか狭いな,と思っているとその席に誘導されました。お皿をいくつも並べると狭くて狭くて大変でした。
机や椅子など,どこにでもあるありふれた椅子で,誤解を恐れずに言えば,場末の酒場というスタイルで,高級な感じではないですね。それを期待した人がいると困るかもしれないので言及しますが。どちらも良い面悪い面あり,好みがわかれますが。

もっとも,場所が場所なので,広くしたり,室内を高級な感じにして料金が高くなってもそれはそれで困るので,今日はこれでよしとすることにしました。

まずは混雑していたこともありかなり待たされて(30分くらい),がっかりしますが,直送ものの魚が食べられます。



量がよくわからず,刺身の三点盛りとアラ汁とウニの箱盛りとさんまを注文して様子をみて,さらに海鮮丼を注文しました。



やはり魚は新鮮で,そこらの飲み屋で出る魚とは違います。
さんまは,弾力があり,美味しいの一言です。
刺身は,肉の歯ごたえが違いますし,弾力があって,なおかつすっと喉を通ります。
ウニの箱盛りは,味が濃厚でコクがあります。こんな味になるのは,新鮮でないと無理ですね。
海鮮丼の真ん中にあるカニの足は,とても,とても新鮮で,甘く美味しく,今年になって食べたカニの足のナンバーワンと言って良い出来でした。



日本酒を何杯も頼んで飲みたくなる美味しさですが,家族ときていたので,それはやめておきました。
ウニだけでも,カニだけでも飲めるという店でした。



食べ終わって,何事も無くJRで帰宅しました。



ーおわりー

投稿者 アスター法律事務所 | 記事URL

2013年4月19日 金曜日

以前見た映画レ・ミゼラブル⑩

有楽町で法律事務所をしている弁護士の佐々木です。今回も法律相談とは関係ないのですが,プライベートの出来事について述べていきます。引き続き映画レ・ミゼラブルについてです。


                                              
レ・ミゼラブルは大ヒット映画で,ロングラン上映されています。
また,レ・ミゼラブルは昔の映画のように,リピーターもいるという話を聞きました。



映画はテレビが普及していない時代には重要な娯楽だったと思いますが,テレビ,ビデオ,インターネットの普及で,いまでは以前ほどの重要性はないとされています。それでもレ・ミゼラブルにはリピーターがたくさんいるようなので,別格の映画といえるでしょう。
たくさんの人が同じ映画を見て,たぶん同じ気持ち(それも高尚な部類の気持ち)になっているのを実感できる機会は重要なものと思います。野球やサッカーでも同じことと思います。



見に行った映画館がとにかく満員で,入るときも大変だったのですが,映画が終了して映画館を出るのも混雑で大変でした。

帰りに家族で定食屋で,普段食べているような日常的な晩御飯を食べて帰りました。



ーおわりー

投稿者 アスター法律事務所 | 記事URL