所長ブログ

2013年9月 3日 火曜日

民事保全の書籍出版

7月に執筆が決まって,翌月8月の某日が締切で,執筆のあとは編集者の先生(もちろん弁護士ですよ)がまとめたり,その他の出版に向けた作業があると思います。


私は第一次的な執筆を担当したわけです。


もっとも,第一次的な執筆といっても,共同執筆者(弁護士)と共に執筆するのです。
そして7月の開始時から8月の締切日までの間に,全員でその本1冊のうちの全部にわたって第一次的に執筆するのです。ひとりひとりの各第一次的執筆者が割り当てられたテーマを執筆し,全員の担当範囲をあわせると,民事保全の全分野がカバーできるわけです。各自が連絡をとり合ったり,相談したりということはありませんが。


1冊の本の全部について,第一次的執筆が終了するのにこんなに短期間ですむのは共同執筆者がたくさんいるからです。


私も共同執筆者がいると思うから安心して(?)参加したということもあります。共同執筆者が2〜3人だったら大変なので,二の足を踏んでいたことでしょう。


また,法律事務所としても1冊の本をまとめるのには,事務所全体で人手が必要だと思うので,やはり二の足を踏んでいたことでしょう。


あとは編集者の先生に委ねられるので気持ちが軽くなって清々しいです。編集者の先生には負担をかけているかもしれず恐縮ですが。


はやく本屋に並ぶのを見たいです。


もっとも来年2月ころの予定です。


投稿者 アスター法律事務所