交通事故topics

2013年7月11日 木曜日

高次脳機能障害の後遺障害による逸失利益はどれくらいになるのか・労働能力喪失率表

高次脳機能障害により後遺障害に認定された場合,それぞれ認定された各等級により,労働能力喪失率が定められています。

この労働能力喪失率は,後遺障害による逸失利益を算出する際に必要とされる数です。



後遺障害等級 労働能力喪失率
別表第一の1級 100分の100
別表第一の2級 100分の100
別表第二の3級 100分の100
別表第二の5級 100分の79
別表第二の7級 100分の52
別表第二の9級 100分の35
別表第二の12級 100分の14
別表第二の14級 100分の5


この労働能力喪失率は,人それぞれ,個々の事情を立証できれば,変動しうる数字です。
たとえば,あたたが大学教授のように,頭をよく使う職業に就かれていた場合,高次脳機能障害による労働能力喪失率は,標準的な場合よりも高くなるかもしれません。




投稿者 アスター法律事務所