交通事故topics

2013年2月12日 火曜日

むち打ち症と脊柱管狭窄症

むち打ち症と脊柱管狭窄症について,


・むち打ち症には多くの周辺疾患があります。


・脊柱管狭窄症とは、脊柱管が狭くなり神経圧迫症状を呈するものです。これは、骨棘が形成されることにより、また、椎間板が突出することにより、また、後縦靭帯骨化などにより、脊髄が圧迫されて発症します。


投稿者 アスター法律事務所