交通事故topics

2013年2月 5日 火曜日

事故態様と素因減額

・交通事故の衝突の強弱によって、素因減額される場合があります。


・交通事故の衝撃が軽微だからと言ってむち打ち症が発生しないと簡単にはいえないことは明らかですが、軽微な事故であるにもかかわらず、治療期間が長期化したような場合、素因減額が検討されることは十分ありうることです。


投稿者 アスター法律事務所