交通事故topics

2013年2月 5日 火曜日

素因減額とは

・素因減額とはどのようなことをいうのでしょうか。


・むち打ち症の場合に限らず、交通事故における被害者の損害が、被害者自身の既往症などの体質的素因や心因的素因が、損害の発生や拡大に寄与したり、一因となったとして、交通事故と損害との間の因果関係や、損害賠償の範囲が争いとなる場合があります。


・このような場合に、被害者の有する素因を斟酌して、加害者の賠償責任を減するのが公平といえます。このような問題を素因減額の問題といいます。


・実務においては、加害者に損害全額を負担させることが公平を失すると認められるときには、民法722条の過失相殺の規定を類推適用して、損害賠償額の算定にあたり被害者の素因を斟酌できるという判例理論が確立しています。


投稿者 アスター法律事務所