交通事故topics

2013年1月31日 木曜日

むち打ち症の後遺障害等級と労働能力喪失率

むち打ち症の後遺障害等級と労働能力喪失率について。


・交通事故における被害者が自賠責保険または労災保険の後遺障害等級認定の手続きで一定の等級の認定を受けていたとします。
これについて、裁判の手続きにおいては、後遺障害の認定には、自由心証主義が及び、損害保険料率算出機構の認定には拘束されないのです。


・むち打ち症で後遺障害等級が認定されるとした場合、12級または14級となります。労働能力喪失率表に従って12級の場合、14パーセント、14級の場合5パーセントの労働能力喪失が認められるのが普通です。


・ただし、裁判では、12級でも14パーセント以上にも以下にも認定された場合がありますし、14級でも同様のことがいえるでしょう。


・自賠責保険や労災保険では、相当程度,画一的に迅速に決めなければならないのに対し、裁判では、被害者の職業、年齢、性別、障害の部位や程度、事故前後の稼働状況など、総合的に考慮して認定できることから、このような違いがあるのでしょう。


投稿者 アスター法律事務所