交通事故topics

2013年1月29日 火曜日

裁判における慰謝料額の算定

・裁判において、慰謝料額はどのように算定されるのでしょうか。

・慰謝料額の認定に際しては、裁判所は算定の根拠を示す必要がありませんが諸般の事情を斟酌して慰謝料の賠償を命ずることができます。そして、その斟酌すべき事情には制限がありません。また当事者の主張した内訳には拘束されません。

・しかし、後遺障害慰謝料の算定においては、法的安定性、統一性を維持する目的のため、一定の基準に従って算定されており、その一端が赤い本や青本に示されている後遺障害の等級に応じた損害賠償算定基準であるとされています。


投稿者 アスター法律事務所