交通事故topics

2013年1月29日 火曜日

後遺障害等級認定を争う

・後遺障害等級認定に問題があるとき,訴訟提起も争う方法の一つです。


・現実の症状によっては,後遺症(後遺障害)はとても重くて治療を続けるために費用がかかるのに,自賠責保険の等級認定においては軽度の等級あるいは,非該当・無等級となってしまうことがあります。このような場合,異議申立てや自賠責保険・共済紛争処理機構に申立てをする方法がありますが,かなり時間がかかるなど,あまり機動的ではありません。


・このような場合,訴訟を提起してその中で判断を求めるという方法がありえます。
つまり,自賠責保険の後遺障害等級認定は絶対的なものではなく,裁判所はこれに拘束されることなく,最終的判断をすることができるのです。もっとも,実際には裁判においても自賠責保険の認定は大きな影響力があることは否定出来ませんが。


投稿者 アスター法律事務所