交通事故topics

2013年1月29日 火曜日

むち打ち症の後遺障害等級の認定において,非該当となる場合

・むち打ち症の後遺障害等級の認定において,非該当となる場合は?

・むち打ち症で後遺障害等級として認められる可能性があるのは12級13号、14級9号です。
12級は「障害の存在が医学的に証明できるもの」、14級は「障害の存在が医学的に証明されないが説明可能なもの」あるいは「医学的には証明できないが自覚症状が単なる故意の誇張でないと医学的に推定されるもの」です。


・むち打ち症で後遺障害等級の認定において非該当となる場合とは、画像所見が認められないだけでなく、神経学的検査所見も認められない場合となるでしょう。


・むち打ち症では,自覚症状があっても,他覚所見が認められない場合が非常に多いため,むち打ち症の場合であれば,多くは後遺障害等級認定において非該当となるのはやむを得ない結果であるといえそうです。


投稿者 アスター法律事務所