交通事故topics

2013年1月29日 火曜日

むち打ち症と後遺障害等級

・むち打ち症に後遺障害等級が認定されるのはどのような場合でしょうか。

・ほとんどのむち打ち症は、治癒し、後遺障害は残りません。

・しかし、症状固定後でも、むち打ち症は、痛みが残り、治療を続けることがあります。このようなむち打ち症の残存する症状が後遺障害として認定されるとして、後遺障害等級12級となるのか、14級となるのか、あるいは無等級となるのか 、その認定基準はどのようなものでしょうか。

・12級は障害の存在が医学的に証明できるもの、14級は障害の存在が医学的に説明できるものあるいは医学的には証明できなくとも自覚症状が単なる故意の誇張でないと医学的に推定されるもの、無等級は、自覚症状があるが、医学的説明がないものという考え方が自賠責保険の実務では採用されているようです。

・ここにいう医学的に証明できるものとは,他覚的な所見が存在することを意味し,それは画像診断や,神経学的検査による所見が認められることをいいます。このような場合に12級が認定される傾向があるようです。

・これに対して画像診断や神経学的検査による所見が認められないけれども,受傷状況や治療経過などから現在の症状が交通外傷として説明できる場合,14級と判断される傾向があるようです。


投稿者 アスター法律事務所