交通事故topics

2013年1月29日 火曜日

むち打ち症の後遺障害等級・14級

・むち打ち症の後遺障害等級・14級について。


・12級は「障害の存在が医学的に証明できるもの」、14級は「障害の存在が医学的に証明されないが説明可能なもの」あるいは「医学的には証明できないが自覚症状が単なる故意の誇張でないと医学的に推定されるもの」といえます。


・14級が認定される場合の一つとしては、むち打ち症のうち神経根症状について、画像所見では神経圧迫が明らかには認められないけれど、頚椎椎間板の膨隆など一定の神経圧迫を推定させる画像所見があり、同時に、神経学的異常所見が見られる,といった場合ではないでしょうか。


・このような場合であれば、「医学的には証明できないが自覚症状が単なる故意の誇張でないと医学的に推定されるもの」といえるから14級は認定される可能性が高いのではないでしょうか。


投稿者 アスター法律事務所