交通事故topics

2013年1月29日 火曜日

むち打ち症と後遺障害等級12級、14級、非該当

・むち打ち症の事案で、自賠責保険において後遺障害等級14級に認定された場合、その後訴訟を提起して後遺障害等級を争った場合でも、裁判所もほとんどの事例で14級と認定するようです。


・同じく、むち打ち症の事案で、自賠責保険において後遺障害等級12級に認定された場合、その後訴訟を提起して後遺障害等級を争った場合、多くは裁判所により12級と認定されることとなる可能性が高いでしょう。


・同じく、上のような場合を含んで、むち打ち症の事案で、訴訟を提起して後遺障害等級が争われ、裁判所が12級を認定した場合の中には、半分くらい自賠責保険においても12級と認定された場合が含まれていますが、しかし、残りの半分くらいについて、自賠責保険においては14級が認定された場合や非該当とされた場合が含まれていた事案であったようです。


・同じく、むち打ち症の事案で、裁判所が後遺障害等級認定を非該当とした事案の多くは、自賠責保険においても非該当であった場合だったようです。


投稿者 アスター法律事務所