交通事故topics

2013年1月29日 火曜日

むち打ち症の後遺障害等級は12級、14級

・むち打ち症の後遺障害等級は12級、14級となります。

・むち打ち症の症状は、後遺障害等級認定の場面では、末梢神経障害として神経系統の機能障害・精神の障害のうち、局部の神経系統の障害として取り扱われています。

・後遺障害等級認定12級13号は局部に頑固な神経症状を残すもの、14級9号は局部に神経症状を残すものと定義されています。

・このような観点から、むち打ち症によって残存した症状が後遺障害等級に認定される時には、12級13号、14級9号のいずれかとなります。


投稿者 アスター法律事務所