交通事故topics

2013年1月29日 火曜日

むち打ち症の後遺障害等級・12級

・むち打ち症の後遺障害等級・12級について。


・12級は「障害の存在が医学的に証明できるもの」、14級は「障害の存在が医学的に証明されないが説明可能なもの」あるいは「医学的には証明できないが自覚症状が単なる故意の誇張でないと医学的に推定されるもの」とされています。


・むち打ち症のうち、神経根症状の場合、Xp、CT、MRIによって神経圧迫の存在が画像により認められるか、同時に、圧迫されている神経の支配領域に知覚障害など神経学的異常所見が認められるかをチェックします。


・神経圧迫の存在と神経学的異常所見が認められると12級と認定されることが多いようです。


・神経圧迫の存在および神経学的異常所見が整合しないような場合には、14級と認定されることになるか,あるいは非該当となると考えられています。


投稿者 アスター法律事務所