交通事故topics

2012年9月24日 月曜日

自動車事故による人身損害の賠償額の算定に関しての算定基準

自動車事故による人身損害の賠償額の算定に関しての算定基準

これには、自賠責保険の支払基準(自賠責基準)、任意保険の支払基準(任意保険基準)、裁判所基準(裁判基準・弁護士基準)があります。

自賠責基準は、自動車損害賠償保障法施行令2条ならびに別表第1および別表第2に定める保険金額を限度として、自賠責保険金の支払いがよるべきこととされている基準です。

任意保険基準については、任意保険が人身事故の損害のうち自賠責保険の保険金を超えた賠償額について担保する保険であることに対応して定められた基準であり、その支払基準は各保険会社が独自に決定しています。

裁判所基準(裁判基準)は、弁護士基準ともいいますが、財団法人日弁連交通事故相談センターが交通事故に関する膨大な裁判例を調査・分析し、妥当な損害賠償額を導くための算定基準として公表したものです。

この3つの基準の中では、自賠責保険が強制加入の保険であり最低保障の機能を有していることから、自賠責基準が一番低額の基準であり、裁判所基準が事実上、一番高額な基準となっています。

任意保険基準は、任意保険が自賠責保険の保険金を超えた賠償額について担保する保険であることから、自賠責基準よりもある程度、高額の基準であって当然のはすです。

しかし、概していえば、任意保険基準は、自賠責保険よりは高い基準ですが、裁判所基準に比べれば、相当低い基準であるといえます。

また、任意保険会社の担当者は、被害者と示談交渉するに際し、自分が知識や経験が豊富であるのに対し、被害者には個人では妥当な損害額の算定が難しいことを利用して、しばしば、ほとんど自賠責基準と変わらないような基準や計算方法を用いて損害額を算定し、何食わぬ顔で示談金の提案をしていることが実際、見うけられるのです。

また、示談をしてしまうとあとで金額を増額することは原則としてできなくなります。


このような任意保険会社の担当者を前にして、被害者としてはどうすべきでしょうか。

被害者にとっては、交通事故に詳しい弁護士に依頼して、任意保険会社の担当者の損害額の算定が適切かどうか、チェックすることを求めるのが一番良い方法です。

まずは、当事務所にお気軽にご相談ください。交通事故に詳しい弁護士として、あなたのストレスを減らし、あなたを代理して示談交渉して、正当な損害賠償額による示談を成立させるお手伝いをいたします。


「交通事故問題」のページに戻る

投稿者 アスター法律事務所