交通事故topics

2012年9月24日 月曜日

自賠責保険と任意自動車保険との関係

自賠責保険と任意自動車保険との関係

一般に、ある人が自動車を運転していて交通事故を起こしたとして、このような自動車による人身事故の損害の賠償義務を填補する自動車責任保険には、自賠責保険と任意自動車保険(任意保険)があります。

ここで、自賠責保険は加入が強制される一方で、任意自動車保険(任意保険)はその名のとおり、加入は任意(自由)とされています。両者の関係はどのようなものでしょうか。

たとえば、自動車による人身事故が発生した場合、ある人が加害者だとして、この人はこの人身事故の被害者に対し損害賠償義務を負担することになります。この場合に、加害者の側で自動車責任保険の契約が締結されていれば、この加害者側任意自動車保険(任意保険)会社は、この人身事故を保険事故として契約で定められた被保険者(つまりこの場合は加害者)の賠償義務を補填することになります。

そして、自賠責保険は、自動車による人身事故によって死亡した被害者や、重傷であったり、軽傷であったりなど傷害(怪我)を負った被害者を救済するために、加害者が負うべき人身事故による損害の賠償義務を補填してその人身損害の全部または一部の賠償を受けられるようにすることを目的とします。原動機付自転車(原付)を含むすべての自動車に加入が義務付けられた強制保険です。

つまり、自賠責保険と任意自動車保険(任意保険)はその保険領域を同じくするものです。

より厳密には、任意自動車保険(任意保険)というものは、責任保険である対人賠償責任条項、対物賠償責任条項や、傷害保険である自損事故についての条項、物保険である車両条項その他の条項の組み合わせにより構成される複合保険商品でありますが、その内の対人賠償責任条項だけが、人身事故についての被保険者(つまり加害者)の被害者に対する賠償義務を担保する責任保険になります。このように対人賠償保険としては、自賠責保険と任意自動車保険(任意保険)は二重構造になっています。

そして、現に、任意自動車保険(任意保険)約款には、自賠責保険との分担に関して、任意自動車保険(任意保険)会社は、一回の自動車事故の損害の額が自賠責保険により支払われる金額を超過する場合に限り、その超過金額のみを填補しますという趣旨のことが定められています。

このようなことから,任意自動車保険(任意保険)は強制保険としての自賠責保険により支払われた保険金額を超える部分を担保することになります。

また,加害者が自賠責保険のほかに対人賠償責任条項のある任意自動車保険(任意保険)を締結している場合,被害者は,任意自動車保険(任意保険)に対して,自賠責保険の支払い分を含めて損害の賠償のための保険金を請求することができます。


これを任意自動車保険(任意保険)会社に対する一括請求といいます。この一括請求には一定の例外があります。

また、自動車責任保険と同様に、人身傷害保険や生命保険の場合も、その取扱保険会社による一括払いをすることが可能です。

すなわち、人身傷害保険や生命保険には、さまざまな免責条項はありますが、通常これらの保険は自賠責保険金額の支払いを念頭に置いているものではないからです。また、人身傷害保険や生命保険は、原則として人身事故に対して被保険者に責任があってもなくても保険給付がなされるものです。もちろん具体的な保険約款ごとに異なるものではありますが。

「交通事故問題」のページに戻る

投稿者 アスター法律事務所